​CLOVER

2003.11
 
2003年11月、王子小劇場で上演された劇団旗揚げ公演。
”四葉のクローバー”の持つ幸福感、温かさをイメージし描かれ、Birthの原点かつ不変の
テーマである「人と人との想いの繋がり」がたっぷりと詰まった作品。

-STORY-

 

とある公園のベンチ。いつもそこに一人佇む、初老の男・柏木実・・・。ある日、些細なことをきっかけに男と語らうようになった野本ゆかりは、大きな問題を抱えていた。幼なじみの八木智史が、誤って人命を奪ってしまったのだ。正当防衛を主張するゆかり。だが、それを突き放す智史。不安に苛立つゆかりを前に、男はやがてゆっくりと何かを語り始める。柏木からこぼれる言葉に、人生に、ゆかりは・・・。同じ頃、八木智史の事件担当記者に大抜擢された、川田優一。横山加代との結婚を控える若き新人記者は、取材を重ねるうち、智史の意外な想いを知ることに。そしてそれは、いつしか自らの想いと向き合うこととなり・・・。

一方加代は、結婚資金を貯める為、ビル清掃のアルバイトへ。そこで、事故で車椅子生活を強いられている夫(正治)を持つ一人の女性・五十嵐文子と出会う。仕事場での楽しいひと時に、互いを姉妹のように慕っていく二人だったが、ある日突然、文子は夫・正治から離婚届を差し出され・・・。そして、とあるペットショップ。生まれてから一度も外の世界に触れたことのない雄犬・プー。飼い主に捨てられた雌犬・ハナ。2匹は次第に魅かれ合ってゆくのだが・・・。それぞれの想いはどこへ?柏木の見つめる想いとは?

「誰かの想いが誰かに繋がり、そしてその想いは、やがてまた違う誰かへと・・・」

劇団Birthがお届けする、ぬくもり第1弾!

【脚本・演出】大久保 慶

 

【キャスト】

Puregreen

  摩尼 貴法 舩原 孝路 山形 照美 塩見 淳史 色摩 由維 岩瀬 聖考 木村 美穂 寿々木 智之 新藤 幸子

Brightgreen

  三浦 宏一 筑紫 吉幸 瀬川 夏未 菊地 武士 八幡 麻希子 尾花 宏行 会川 彩子 いとう 信彦 狩俣 咲子

 【演出助手】木村 美穂 【音響】石田 有紀  【照明】小坂 章人 【宣伝美術】小田木 彩 【スチール】星 ひかる 

 【美術・大道具】TEAM OBANA 【舞台監督】伊藤 清一 

 【制作/ 企画・製作】劇団Birth 【協力】王子小劇場

© 2023 by Theatrical  Art  Company  Birth of Site. Proudly created with Wix.com

  • Twitter Social Icon
  • YouTubeの社会のアイコン